オイスカインターナショナル 子どもの森計画 DydoDrinko 東海財界 コースコーションモータースポーツクラブ

日本企業の中国進出

現在日本国内では、中国に進出したい中小企業が多数あるとは思われますが、現地の実情を正確に把握する事が出来ず二の足を踏んでいる企業が多いのではないでしょうか。

中国進出専門のコンサルタント会社も多く存在しますが、実態はお粗末な会社が多く、依頼先を誤ると、無駄な時間とお金を費やすことになってしまいます。

実際に新たに中国へ進出した中小企業様の中には、そういった「中国専門コンサルタント会社」の「安心して全てを任せて下さい。」という言葉を信用し、中国に進出したものの、トラブルばかりで、形にもビジネスにもならないという大変な思いをされている企業もかなりの数お見受けしております。

多くの中国進出専門のコンサルタント会社が、労務手続きや事業以前の事柄ばかりに力を入れ、肝心のビジネス展開論を置き去りしている様に見受けられます。 何所の地区がそのビジネスを展開するのに最適か、またどの様に早くビジネスとして成立させる事が出来るかが重要な事だと思います。

弊社では、現地に拠点を持つ日本人スタッフが、日本人の感覚で、現地の状況をしっかりと把握し、ビジネス展開に有効なネットワークを築いております。この情報・ネットワークこそが、新たに中国進出を計画している企業様に必要であると確信しております。

既に中国に進出した企業様でも、進むべきではない方向に進んでしまった企業様も複数社ございます。 今後、中国へ進出される企業様が現地情報を把握していない為に起こる問題や失敗を避け、確実な投資、事業展開が出来る様、支援をしていくことが弊社の使命と考えております。現地のビジネスを知り尽くした日本人の生の声を聞く事が大切だと考えます。

日本での企画の段階で、確実に成功するであろうと目論んだビジネスプランでも、実際は現地で全くビジネスとして成立しなかったり、逆に難しいと懸念したプランでも、現地では確実に需要のあるビジネスであったりする事もあります。こういった事を判断するポイントは書店で販売している本の中には書いてありません。

海外と日本では、法律、税制、ビジネスの各分野で大きな違いがあります。
法的な問題、税務の問題は、容易にその道のプロを探す事が出来ますが、一番重要なビジネスの分野ではそうは行きません。 ビジネスをいかにスムーズに組織化し、収益を上げて行くかが最大目標と弊社は考え、企業様の海外進出支援事業をこれからも継続して参ります。

在上海 コンサルティングルーム
Office Office Office